インプラント|綾瀬市・藤沢市・海老名市|インプラント・歯周病治療はあらかわ歯科医院

あらかわ歯科医院
サイトマップ 個人情報保護方針
総合案内
総合案内 医院について トピックス Q&A 採用情報

一般歯科
矯正歯科・スピード矯正
インプラント
歯周病・骨再生療法
顎関節症
審美歯科
予防歯科
HOME

インプラントって何? インプラントを選択する際のポイント カウンセリング・治療の流れ
治療法・症例のご紹介
保証期間について 治療費例・よくあるご質問
インプラントのトップへ
インプラント(人工歯根)とは、不幸にも歯を失ってしまった部分の骨にフィクスチャー(ネジ)を埋め込み、そのネジにアパットメントという土台と人工の歯を装着する治療法です。

現在、様々な治療法の中で外観的にも、機能的にも優れていると言えます。また、歯が一本もない場合でもインプラント義歯などによる処置が可能です。インプラントはブリッジのように健康な歯を削る必要がないので、残っている歯にも影響しませんし、また新しく噛む力を支えてくれる土台が復活するので、自分の歯を最大限に守ってくれる治療法といえます。また自分の歯と同じようにものをかめるので機能面でも優れていると言えます。見た目も天然の歯と区別が難しいほど自然な仕上がりなので、審美性においてもご満足いただけると思います。
またインプラントは顎の骨に力を加えるため、顎の骨がやせるのを防ぐ事もできます。きちんとした手入れを継続的にしていれば、治療効果が半永久的に持続するのが最大のメリットです。



また、インプラントの技術は矯正治療にも役立てられます。通常より強い力で複数の歯をまとめて矯正できるため、治療期間が短縮されます。たとえば、 歯を抜かなければ矯正ができなかった方でも歯を抜かずに並べることができる、今まで骨格の手術をしなければ治らなかった症例の一部が手術なしで治療が可能となるなどです。いずれにしても天然歯を守るためにも効果的といえるでしょう。また、症例にもよりますが治療期間が半分になる場合もあります。

インプラントによる矯正歯科治療
 
しっかり食べ物を噛むことができるようになりました。
自分は以前まで部分入れ歯をしようしていましたが、固い物を食べるとぐらついてしまうため、うまく物を噛むことができませんでした。
インプラントに変えてから、しっかりと物を噛むことができ、リンゴなどの固い果物も気にせず食べれるようになりました。
(68歳 男性 会社経営)
失う前の歯と比べても違和感がありません。
自分は運動中に前歯を折ってしまい、ブリッジ治療にしようか迷ったのですが、その場合、無傷のままの両端の歯を削らなければいけないと聞いてインプラントにしました。違和感も全くなく、見た目も自分の歯と変わらないためとても満足しています。
(24歳 男性 サラリーマン)
入れ歯の煩わしさから開放されました。
入れ歯を長く使用していたのですが、毎日食事のたびに入れ歯を外して洗浄するのが面倒でした。また口元から入れ歯の針金が見えるのが気になっていました。インプラント治療は高いイメージがあったのですが、医療費控除の制度を使用できることを聞いて思い切ってインプラントに変えました。今では食事のあとも歯磨きですみ、煩わしさもなくなりとても満足しています。
(53歳 女性 主婦)
 

HOME
あらかわ歯科医院|神奈川県綾瀬市|インプラント、矯正歯科、歯周病治療、顎関節症治療など
COPYLIGHT (C)ARAKAWA DENTAL CLINIC,ALL LIGHTS RESERVED.

ページトップへ