インプラント|綾瀬市・藤沢市・海老名市|インプラント・歯周病治療はあらかわ歯科医院

あらかわ歯科医院
サイトマップ 個人情報保護方針
総合案内
総合案内 医院について トピックス Q&A 採用情報

一般歯科
矯正歯科・スピード矯正
インプラント
歯周病・骨再生療法
顎関節症
審美歯科
予防歯科
HOME

インプラントって何? インプラントを選択する際のポイント カウンセリング・治療の流れ
治療法・症例のご紹介
保証期間について 治療費例・よくあるご質問
インプラントのトップへ
インプラントは手術を要する治療法です。だからこそ、治療を受ける前にしっかりポイントを押さえておくべきでしょう。ここでは、実際にインプラント治療を受ける際の選択ポイントや注意点をご紹介いたします。
 
  インプラント治療の成功は「治療」の前の「診断」にあり!

治療の前に「診断」をきちんとせず、治療後にトラブルを引き起こすケースは少なくありません。例えば歯周病で歯が抜けてしまったケースで第一に必要なのは、なぜ歯周病になったかを診るということです。人間は自分の身体に不要になってしまったものを排除するようにできていますから、口腔内が「この歯はいらない」と判断すれば、抜けて当然だと言うことになります。だから1本の歯でも噛み合わせを含め、全体のバランスを診ておかなければなりません。そうしないと歯のないところに歯を入れるだけでは何の解決にもなりません。将来なんらかのトラブルを招く可能性があります。最近では、さまざまなインプラント治療を目にする機会がふえました。インプラント治療というのは「歯を入れること」だと思われている方(歯科医)が非常に多いようですが、「歯を入れること」が目的ではありません。「歯を入れることによって、機能を改善させること」が目的です。ですから失った機能を得る手段を検討し、その結果インプラント治療が良いと診断した場合にインプラント治療ははじめて適応となる、と考えられます。

インプラントは本当に、安いだけ、早いだけでよいのでしょうか?治療を受ける前に今一度本当にそれで良いのかを考えてみてください。ひょっとしたらインプラント治療以外にも答えはあるかもしれません。インプラント治療を成功させるポイントは「治療」の前の「診断」にあります。ただ単に歯を(インプラント)入れるだけなら治療とは呼べないでしょう。


  総合的に診療できる歯科医院
前述したようにインプラント治療は「歯を入れる」だけの治療法ではありません。全体の噛み合わせや歯周病の有無、治療後のメンテナンスまで関係してきます。ですから、これらの一般治療もカバーできる総合歯科診療を行っている医院で行うのが良いでしょう。インプラントを入れたら終了という考え方は大きな間違いです。通常の健康な歯と同様、日頃のケアが重要です。担当の歯科医といつでも相談できる信頼関係を築きながら、長く歯を維持できるよう心がけると良いでしょう。

 
 
  痛みや腫れへの対応(無痛治療)
インプラントの手術は通常の歯の治療と同様、麻酔を用いて行います。患者様によってはドリルの振動音や恐怖心をお持ちの方もいらっしゃいます。そこで、静脈内鎮静麻酔(鎮静剤や鎮痛剤を静脈内)を投与することで、恐怖心や術後の痛み・腫れを軽減し無痛で治療を受けられます。
また、静脈内鎮静法を導入したインプラント手術では、歯科麻酔専門医による生態モニターを利用した全身管理(血圧・心電図・酸素飽和度の測定)のもと、術中の不快感もなく、快適・安全に施術を終えることが可能です。 このような対応の可否もインプラント治療を選ぶポイントと言えます。
当院ではプロの歯科麻酔医により、インプラント手術に最適の麻酔を安全に行っております。
   
  治療保証がある
インプラント治療は、高額な治療ですから保証制度があるかないかも治療を行うにあたって重要な要素です。一般的に治療後数年が経ち、口腔内の状態が悪くなり治療箇所の不具合がおこることは少なくありません。そこで当院では治療後に通常の使用で破損、脱落、不具合が生じた場合、患者様のご負担なく再作製いたします。
  実績や症例がある
手術数が多いからと言って安全かというと必ずしもそうではありません。しかし、様々なケースに対応できるかという点はインプラント治療においては重要な要素です。なぜなら患者様ひとりひとりによってお口の状態は違っているからです。一言にインプラント治療といっても顎関節症や矯正治療に応用できる場合もあります。
   
 

HOME
あらかわ歯科医院|神奈川県綾瀬市|インプラント、矯正歯科、歯周病治療、顎関節症治療など
COPYLIGHT (C)ARAKAWA DENTAL CLINIC,ALL LIGHTS RESERVED.

ページトップへ