インプラント|綾瀬市・藤沢市・海老名市|インプラント・歯周病治療はあらかわ歯科医院

あらかわ歯科医院
サイトマップ 個人情報保護方針
総合案内
総合案内 医院について トピックス Q&A 採用情報

一般歯科
矯正歯科・スピード矯正
インプラント
歯周病・骨再生療法
顎関節症
審美歯科
予防歯科
HOME

インプラント治療をはじめ、歯周病治療、根管治療(歯の根の中の治療)、顎関節治療等を行う上で一番大切なのは、正確な診断です。その正確な診断を行う上でCT装置は不可欠な時代へと変化してきております。患者様の口腔状態を正確に把握するために歯科用CT撮影装置を使用する事で、口腔状態をより鮮明にとらえられ、治療効率がとても上がります。
今回当院で導入致しました「KaVo 3D eXam」は、院内における高画質な画像検査を可能にする歯科用コーンビーム3次元イメージングシステムです。歯科用CTの中では最上級機種であり、患者様の被曝量は従来の一般的なCTよりも少なくなっています。ここではこの素晴らしい装置についてご紹介いたします。

 
  低被ばく線量での撮影を実現

被ばく線量を最小限にするための様々な工夫が施されています。 スタンダードスキャン(H13×φ16cm、Voxel0.3mm)の撮影時間はなんと8.9秒。断続的なパルスエックス線により、実際の照射時間は3.6秒という短い時間に抑えることで被ばく線量を最小限にして撮影することができます。 お子さんなど撮影中に動いてしまうリスクのある不安定な患者さんには、180°のハーフスキャンで撮影時間を4.8秒に短縮することも可能です。

■失敗を防ぐスカウトショット
プレビューで位置決めを確認することで再撮影を防止 撮影前のプレビュー機能により、位置決めを確認して撮影することができるので、再撮影のリスクを最小限に抑えることが可能です。エックス線の絞り機能により、関心領域を限定して撮影できるコリメーション機能は、撮影領域の高さを1mm単位で変更することが可能です。この機能により不要な被ばくを抑えます。

■2Dパノラマ機能搭載
カボ3Dシリーズは、先進の3Dシステムでありながら、従来の2Dパノラマ撮影も実施できる一台二役のシステムです。 エックス線の絞り機能を自動でスリット状に変更し、パノラマ撮影の長所である低放射線量で全顎的な診断を行うことができます。

  安全で確実な画像情報を提供
安定性を高めるため、座位タイプによる撮影を採用しています。撮影時、患者さんのブレを最小限にするために、チンレストとヘッドレストで前後方向から挟み込むようにしっかりと身体を固定。必要に応じて使用できるヘッドバンドも装備出来ます。また、全周囲からの情報が得られるように、患者さんの周りを制限なしで360度回転して撮影することで、金属アーチファクトの発生を最小限に抑えた詳細な画像を得ることができます。  
  圧倒的な撮影領域
患者さんの症状や関心部位に応じて、上顎、下顎の片方または両顎、さらには顆頭の位置まで、柔軟に撮影領域を選択することが可能です。これはエックス線源を絞り込むコリメーション機能であるため、患者さんの被ばく線量を最小限に抑えることに繋がります。また、歯周治療において骨状態を3次元的に評価、正確な情報と下顎管のマッピングでインプラント埋入を計画など撮影法により様々な活用が可能です。
 

HOME
あらかわ歯科医院|神奈川県綾瀬市|インプラント、矯正歯科、歯周病治療、顎関節症治療など
COPYLIGHT (C)ARAKAWA DENTAL CLINIC,ALL LIGHTS RESERVED.

ページトップへ