歯周病・骨再生療法|綾瀬市・藤沢市・海老名市|インプラント・歯周病治療はあらかわ歯科医院

あらかわ歯科医院
サイトマップ 個人情報保護方針
総合案内
総合案内 医院について トピックス Q&A 採用情報

一般歯科
矯正歯科・スピード矯正
インプラント
歯周病・骨再生療法
顎関節症
審美歯科
予防歯科
HOME

アクセスマップ
インプラント歯周病ガイド(あらかわ歯科医院監修)
治療費
インプラント
インプラント手術が行えない場合はあるのでしょうか?【回答
術後の痛みや腫れはありますか?【回答
何回ぐらいの通院が必要になるのでしょうか?【回答
矯正歯科
矯正治療はいつ頃からはじめられるのですか?【回答
矯正中、食べてはいけないものはありますか?【回答
矯正は歯を抜かなくてはいけないのでしょうか?【回答
スピード矯正は成人してからでも大丈夫ですか?【回答
スピード矯正でヒビをいれた場所は、大丈夫なのでしょうか?【回答
顎関節症
口を開けた時にカクカクと音がするのは異常なのでしょうか?【回答
通院はどのくらいの回数がかかりますか?【回答
治療費はどのくらいかかりますか?【回答
歯周病
歯周病は若くてもかかるのでしょうか? 【回答
歯周病になりやすい体質はありますか?【回答
歯周病の治療方法は?【回答
骨再生療法の術後ケアはどのようにすればよいでしょうか?【回答
 

骨再生療法
比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要になります。この時、歯の根がアゴの骨にある程度残っていればおこなうことができます。もしかしたら歯を失わずにすむかもしれません。

しかし、病巣を取り除き衛生的にする治療ですから、治癒するには治療後のプロケアとセルフケアが大切で、お口の衛生を保ち自然治癒力を高める努力が必要です。ここでは代表的な歯周病再生治療をご紹介します。
 
組織再生誘導法(GTR法)
重度の歯周病によって後退してしまった歯肉や歯槽骨などの歯周組織を再生・誘導する手術です。この方法は歯の周りに失った骨などを、より積極的に再生させるという方法です。

歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去します。その後、特殊な保護膜(メンブレン、自家骨人工膜等)を使用して歯根膜・歯槽骨が再生できるよう保護し、歯肉を元の状態に戻します。
保護膜の使用は、歯根膜・歯槽骨・歯肉などの歯周組織は再生に要する時間が異なり、再生の遅い歯根膜・歯槽骨のために十分なスペースを確保しておくためです。このスペースがないと骨の再生スピードは遅いため、上皮や歯肉が入り込んでしまいます。従来の治療法ではこのような積極的な骨再生は困難でした。

ただ、この手術は失われた歯周組織を健康な状態に回復しますが、歯周病が広範囲にわたるなど、手術をおこなえない場合もあります。

 
エムドゲインゲル法による歯肉組織再生
上記のGTR法と同様に、歯周組織を回復する方法として、エムドゲイン法もあげられます。炎症が進み歯を支える歯槽骨が吸収されている箇所にエムドゲインゲル(歯周組織再生誘導材料)を挿入し、骨が再生するスペースを確保します。
エムドゲインゲルは、歯周組織の再生を促しながら、吸収されていきます。骨組織を誘導し歯の発生過程に似た環境を再現します。挿入のための、一度だけの外科処置で済むのが特徴です。
しかし、エムドゲイン法はゲルを挿入する治療のため、再生できる範囲は、膜で覆うGTR法のほうが広くなります。


 
 
その他の歯を抜かずに再生させる外科治療
歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケット掻爬術は歯周病治療の中でも基本的な治療法といえます。歯周ポケットの深さが3〜5mm程の比較的軽症の歯周病は歯ぐきに麻酔をして歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する治療法です。肉眼で確認しながらおこなう手術ではないので技術が必要です。手術後の歯磨きの励行によって、歯肉は歯に再びつき、ポケットはなくなります。
 
フラップ手術
歯周ポケットが6ミリ以上と歯周病が進行した重度の場合におこなう手術です。歯肉をはがし、歯石や血ウミ、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去し、歯肉を元の状態に戻します。しかし、ポケットは通常4mm〜5mm程度残ってしまうので現状です。したがって、再発するケースが多いというのが難点です。
 
歯肉移植術・結合組織移植術
歯垢や歯石などの細菌や、歯ブラシやほかの清掃器具などの刺激に対して、抵抗できるほどの丈夫な歯肉が不足している場合に、上のあごの抵抗力のある歯肉を弱い歯肉のところに移す手術です。
治療費についてはこちら
当院では歯科用生体情報モニタを導入しています。

長寿、高齢化による高齢者の増加に伴い高血圧症や虚血性心疾患などの疾患を持つ患者さんの治療機会が増加しています。高血圧者は4人に1人、高齢者は比率が更に高くなります。
歯科治療中に、麻酔や治療時間が長いと全身的な管理が必要で、血圧・SpO2・ECG等を継続してモニタリングすれば、事故を未然に防ぐことができます。当院ではご高齢の患者様や全身疾患を有する患者様の歯科治療、インプラント、歯周病等の外科的手術の際に使用しています。
 
 
 
HOME
あらかわ歯科医院|神奈川県綾瀬市|インプラント、矯正歯科、歯周病治療、顎関節症治療など
COPYLIGHT (C)ARAKAWA DENTAL CLINIC,ALL LIGHTS RESERVED.

ページトップへ